FC2ブログ
 
ドイツ・ウイットナー社製アジャスター
二胡は、糸巻きを回して弦の張りを変えて調弦します。

アジャスター装着1

しかし、糸巻きだけで微妙な調整をするのは、なかなか難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

そのようなときに便利なのが、二胡用の「アジャスター」です。微調整金具とも言います。

アジャスター装着2

ウイットナーアジャスター

この銀色の金具がアジャスターで、古月二胡で扱っている物は、ドイツの老舗・ウイットナー社製です。

アジャスターの上下には、弦を引っ掛ける溝が切られています。
裏面中央には、ネジ受けの円筒があり、これにも弦を通す溝が切られています。

アジャスター裏面

上の写真は、アジャスターを裏側から見たもので、赤線を弦に見立てています。

装着した状態を横から見たのが、下の写真です。

アジャスター横から

アジャスターのネジを締めていくと、写真の矢印の方向に力が掛って弦が圧迫されます。これにより、弦のテンションが変わって、微調整ができるという仕組みです。

調弦は、あくまで糸巻きで行うのが基本で、アジャスターは微調整を行うものです。糸巻きで出来る限り音を合わせずに、アジャスターに頼り過ぎた調弦を行うと、弦に力が掛り過ぎて(弦が曲がり過ぎて)傷めてしまいます。

また、弦を張った状態でアジャスターを取り付けようとすると、アジャスターの溝に弦を無理やり押し込む形になり、弦を傷つけてしまいます。取り付けは、弦を緩めた状態で行ってください。

No. 901 二胡アジャスター
定価:500円(税込540円)
原産国:ドイツ
生産者:ウイットナー社
※ 上記価格は、1個の価格です(2個セットの価格ではありません)。
スポンサーサイト
[2017/07/21 10:59] | 小物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<クリーニングクロス ECC-01 | ホーム | 二胡弦のバラ売り やっています>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kogetsuniko.blog.fc2.com/tb.php/69-8b6627a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |