FC2ブログ
 
二胡弦の違い
二胡は、楽器に張られた2本の弦を弓で擦って音を出します。

二胡は、楽器の材質によって、楽器が奏でる音が大きく違ってきますが、同じ楽器であっても、張る弦を変えると、これまた音が大きく違ってきます。

古月二胡では、幅広い選択肢の中から好みの音を選んでいただけるよう、6種類の弦を掲載しております。

それぞれの弦の特徴は、以下のようになります。

● 普及二胡弦 ERS-50(定価:525円)
スタンダードなスチール弦。
楽器を選ばす、柔らかでしなやかな音色。

0030020000012.jpg

● Fang Fang 青版 ERS-120(定価:1,260円)
音の立ち上がりが速く、芯のある太い音色。

0030020000022.jpg

● Fang Fang 赤版 ERS-180(定価:1,890円)
安定感があり、暖かみのある、明るく柔らかい音色。

0030020000052.jpg

● Fang Fang 金版 ERS-280(定価:2,940円)
骨太で安定感があり、腰のある豊潤な音色。

0030020000032.jpg

● Thomastik ER-100(定価:3,150円)
楽弦の名門 トマスティック・インフェルド社(オーストリア)製の二胡弦。
柔らかく繊細な、安定した品のある音色。

0030020000042.jpg

● Golden Lion SN-2010GL(定価:3,150円)
オットー・ムジカ社のドイツ製二胡弦。
音量が大きく、太くクリアな音色。

0030020000062.jpg

※ 音質・音色の感じ方には個人差があります。
※ 特徴は、あくまで目安ですので、ご了承ください。

古月二胡では、二胡の展示ショールームを設けています。

画像 001

その中に、同じ機種で張っている弦だけを変えたサンプルも展示しています。

画像 005

画像 011

それぞれの弦の違いは、特徴の説明だけではわかりづらいかもしれません。実際に試奏して違いを実感したいという方は、遠慮なく古月二胡までお越しいただいて、試奏してみてください。

弦の違いだけでなく、古月二胡に掲載されている楽器本体や、その他付属品も、試奏・お試しいただけます。

<古月二胡・ショールーム>
所在地: 名古屋市西区鳥見町1-18-1
電話: 052-528-5870
時間: 平日 午前9時~午後6時(土日祝 休み)
E-mail: 古月二胡「お問い合わせ」ページより
※ 試奏ご希望の方は、お手数ですが、必ず事前にご連絡の上、ご予約ください。
スポンサーサイト
[2013/08/19 14:17] | 小物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<高級紫檀二胡 螺鈿装飾入り限定モデル ER-1800R | ホーム | 弦の張り替え方法>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kogetsuniko.blog.fc2.com/tb.php/14-74100f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |