FC2ブログ
 
二胡に使う木材の原木
今年(2015年)のMUSIC CHINA(上海ショー)で、私達が二胡を仕入れている、無錫・古月琴坊のブースを訪問しました。
そこで、インド小葉紫檀の原木が展示されていました。

古月ブースインド小葉2

古月ブースインド小葉1

インド小葉紫檀は、その音の深みや艶やかさなどから、二胡に使われる最高の木材と言われることもあります。
インド小葉紫檀は、生育がとても遅く、成長した木でも直径20cm程度にしかなりません。このため、需要に供給が追いつかず、もともと大変希少な木材でしたが、現在では、既にインドからの輸出が停止されてしまったため、材木問屋や二胡工房などが保管する現品限りとなっています。

原木の現物を見たのは今回が初めてでしたが、確かに成長した木とは思えない細さです。
その一方で、その色味や艶やかな美しさで、見た目の点でも、さすがは最高の材と言われるだけのことはあると思いました。

ショーの後は、無錫の古月琴坊と、その近くにある「梅村二胡文化園」も訪問しました。
梅村二胡文化園は、2012年12月以来の再訪です。

梅村二胡文化園再訪

その梅村二胡文化園で、インド小葉紫檀、老紅木、黒檀と、二胡に使われる主要3種の木材の原木の展示がありました。

<インド小葉紫檀>

インド小葉紫檀1

インド小葉紫檀2

<老紅木>

老紅木1

老紅木2

<黒檀>

黒檀1

黒檀2

仕事柄、数々の二胡を見ていますし、工房に保管されている木材も見ることはありますが、保管されている木材は、ある程度切り出されたものが多く、原木を見る機会はほとんどありません。
このため、今回は貴重な経験をすることができました。
スポンサーサイト
[2015/10/26 12:06] | 楽器 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |