FC2ブログ
 
蛇皮のお手入れ
二胡の共鳴板には、ニシキヘビの皮が張られており、楽器の喉ともいえる重要な役割を担っています。

二胡・蛇皮正面

この重要な部分である蛇皮のお手入れについて、よくご質問を受けることがあります。

その中で最も多いのが、「良い状態を保つために、蛇皮に何か塗った方がいいですか?」とのご質問ですが、結論としては、何かを塗ることは、お勧めしません。

デリケートクリームなどは、保湿成分を含んでいるため、これを塗ることで皮を緩めて音色を損ねてしまいます。
また、オイルは、塗ってからしばらくの間は、蛇皮の内部に浸み込んで、皮そのものを柔らかくしてしまい、動植物系のオイルの場合、後々は、皮が酸化して硬くなってしまいます。

蛇皮のお手入れ・イラスト1

基本的には、蛇皮には何も塗らず、松脂等の汚れが付着したら、その都度、クリーニングクロスなど乾いた柔らかい布で、やさしく拭き取ってください。

また、蛇皮は、とてもデリケートで、温度や湿度の極端な変化に弱く、エアコンの風が直接当たる場所などへの放置は、特に避ける必要があります。演奏しないときは、二胡を専用のケースに入れて、温度・湿度の安定した場所で保管してください。

蛇皮のお手入れ・イラスト2
スポンサーサイト
[2018/08/30 11:55] | 楽器 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>